レストア20 エンジン始動2017/07/26 20:18

ハーネス接続が終わり、バッテリーも購入したので

早速エンジン始動確認

セルスタートオン!!!

勢いよくセルは回りますが・・・ウンともスンとも・・・・


エンジンまったく掛る気配なし



油圧系・点火系は確認して問題ない

あとは燃料系

カートでも使われているダイアフラム式の燃料ポンプは問題ない

燃料フィルターも確認OK

でも掛らない


で確認していくと、インジェクターに燃圧掛ってない・・・

高圧フィルターを確認すると・・・詰ってる

詰り取ってもダメだった。


てことは、高圧燃料ポンプも怪しい



セパレーターをバラします!

ひっどい状態でした・・・

高圧燃料ポンプの吸い込み口全部が

腐ったガソリンで詰りきってる・・・・


1年間倉庫で放置してあった船外機なので・・・


セパレーター自体は分解清掃で問題なさそうだけど

ポンプ大丈夫か?



で ここからが問題

燃料ポンプ作動せず・・・・

モーター破損?固着?最初は電源を入れてもピクリともしない

キャブクリーナーで念入り清掃したが無反応

モーター死んでるのかと思ったが

地道に何度もやってるうちに、内部からカタカタ音

固着している物が取れて、動くかも!!


早速バッテリー繋いで動作確認


一瞬だけ「カタ」って言ってる


プラスマイナス逆転させて

左右とも「カタ」「カタ」って音が鳴り振動も伝わってくるが

回らない・・・・

もう諦めて、部品検索・・・いくらかな??

高い

中古エンジンの半値・・・


船検まで時間もないし、どうしよう・・・


高圧の電動燃料ポンプって、こんな部品
上も下もカシメてあって、基本バラせる要素無・・・

高電圧で刺激を与えるか、無理やりバラすか悩んだが


力技でバラシました!!

バラシて、手で刺激を与えてあげたらスンナリ回った!

ソッコーで組み立て直し、セルオン

無事にエンジン始動

ガッツリインジェクターにも燃圧掛るようになりました。


このまま使って大丈夫かは微妙ですが

船検時の始動確認と、テストラン位は大丈夫でしょう





自分でも、カシメてある燃ポンを、マイナスドライバーで

地道にあけて直すのは、ちょっと無理があると思います。

力技以外の人はマネしないようにお願いします。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yukimoto.asablo.jp/blog/2017/07/26/8628147/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。